家の購入費

積み木

予算がいくらになるかによって、一戸建ての選び方も違ってきます。予算を立てる時は現在の年収だけでなく、将来の年収のことも考えて無理のない範囲内に抑えましょう。予算オーバーしそうな時は、川西の不動産会社などに相談してみましょう。

詳しく見る

家事が楽しくなる

部屋

埼玉の新築の間取りは、多くの時間を過ごすキッチン中心に考えましょう。水わまりを集中させたり、キッチンを2WAYにして回遊できるプランもおすすめです。家事をスムーズにするため、収納計画に配慮しましょう。家事動線に合った収納を考え、キッチンでは作業の手順に合わせて、必要な物を必要とする場所に収納します。

詳しく見る

子育てと戸建て

男性と女性

寝屋川で子育てするなら、子供が暮らしやすい新築一戸建てを選んであげましょう。学校や公園からの距離を考えて、子供が不自由しない環境を選んでください。親の希望する条件と子供が希望する条件は必ずしも一致しないので、新築一戸建てを買う前に家族でよく話し合いましょう。

詳しく見る

採光・通風の工夫をする

一軒家

中庭や階段室を設ける

お日様の光が差し込み、さわやかな風が通り過ぎる室内、通風と採光は家作りで誰もが一番に望むことです。杉並区で通風と採光がどの程度確保できるかは、それぞれの敷地条件によって異なります。風と自然の光を最大限に取り込む一戸建てプランを作るには、設計者に杉並区の敷地をよく見てもらい、敷地の情報もあればしっかりと伝えることが大切です。一戸建てを杉並区に建てる前の更地の時に、1日中そこに居てみることで、朝の光と午後の西日など、時間による変化を知ることができます。日の当たる場所と当たらない場所、風が吹く方向などを確認できますし、隣近所にどんな人が住んでいるかなどよくもわかります。すでに住んでいる人から、四季を通じた環境情報を教えてもらうのもいいでしょう。杉並区の狭い土地に建てる一戸建てでも中庭を作ると、より多くの部屋に日の光を取り込むことができます。小さな一戸建てでは、壁に設けた窓の3倍の採光を得られると言われるトップライトを活用することも有効です。また、最上階から1階まで光が落ちるようなプランも効果的です。階段室にも注目しましょう。階段室は単なる吹き抜けの移動空間ではなく、上階と下階の一体感を演出したり、上階からの光を取り込んだり、風の通り道を提供するなどの役割を果たしています。各部屋には必ず風の入り口とで口を設けることが大事です。窓の大小や開き勝手を上手に組み合わせて、空気が流れるようにしましょう。